LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
SEARCH BOX

茶原の竹舟(ちゃばらのたけふね)in 川根
by 日詰明男
2009年7月17日

茶畑のど真ん中にフィボナッチ茶室を建てた。
工期2日間。
広島千葉京都東京と遍歴を重ねた茶室だったが、ようやくここに落ち着いた。

目の前の茶葉を摘み、強烈なハーヴティーをその場でこしらえる「茶道」のかたちが見えてくる。
音楽もここで奏でられ、録音されることだろう。

いずれ、この茶室にアプローチする民主主義的階段も建設する予定である。
この階段の準周期リズムは飛石の代わりになるであろう。
客人は茶葉を摘みながらゆっくり階段を登り、心を静かに高揚させつつ躙口をくぐる、という趣向である。
ゆくゆくは、周囲の茶畑をニューロ・アーキテクチャ状に整備し、迷路庭園として仕上げる構想。
これはひとつの都市計画の実験。
最初の住人はチャノキというわけである。
植物にとっても風通しのよい街となるであろう。

いずれにせよ長期計画。
長生きしなければ。


|| 06:40 | comments (x) | trackback (x) | ||


CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 10  >>
ARCHIVES
OTHERS
    処理時間 0.047018秒
RECOMMEND ITEM

POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット